損害保険の種類とその内容

損害保険とは、あらかじめ契約していた一定額の保険金が支払われる生命保険とは異なり、損害額により保険金が支払われる保険です。

種類がいくつもあり、災害、怪我、盗難、損害賠償責任などの様々なリスクを補償します。

損害保険の代表的なものといえば、自動車保険です。

自動車保険には強制加入となる自賠責保険と任意保険の2つがあります。

任意保険は高額や無制限の補償を選ぶことができます。任意とはいっても、車所有者のほとんどが加入しています。任意保険はつい最近制度の改定があったため値上がりしたと感じている人が多くて、自動車保険の見直しを希望している人が多いのです。

保険金は、交通事故では加害者と被害者の過失割合で決まります。警察へ連絡を行い、事故証明をとり、さらに保険会社へ連絡することで手続きができます。

それから火災保険も加入者の多い保険です。

火災だけではなく、物体の衝突、水漏れ、盗難に関して建物と家財の補償をします。ただし、地震が原因による火災は対象外です。

地震による火災は、地震保険から補償されます。

また、単独で加入はできず、火災保険とセットで加入しなくてはなりません。

噴火や津波による被害も対象です。

それから傷害保険ですが、これは事故による入院、通院、死亡の保険です。

他には旅行保険があります。

旅行中の怪我、病気に加えて、持ち物の破損も保険でカバーしてくれます。

あとはユニークなゴルファー保険というものもあります。プレー中の盗難、破損、さらにはホールインワンのご祝儀への備えとなります。

これらは個人用の損害保険ですが、法人向けのものもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ