損害保険の意味することは

保険という言葉を普段何気なく使っていますがその保険という言葉の意味を問われると少し考えてしまう方が多いかもしれません。

大概の方は「リスクに対して補償(保障)されるもの」というような意味の答えをされるかと思います。

この時点で既に損害を償う補償という言葉と危険から守るという意である保障という言葉が使われる様に、保険の意味することは非常に幅が広いのです。

実際保険と言うのは広義においては実際に起こりうることが予測される危険に対してその確立に応じて見合った一定の保険料を加入者達が広く負担しあって備えることです。

その保険自体は主にその対象に対して主に三つに分かれると言われています。

それは第一分野と呼ばれる生命保険と第二分野と呼ばれる損害保険、そして最近では生命保険と損害保険の相互の乗り入れなどから垣根が低くなったこともあり、どちらともはっきりと区別のなされない第三分野の保険です。

その中で第二分野の損害保険は主に自動車保険や火災保険、地震保険、海上保険、賠償責任保険などがあり、一定の偶然の事故におよって生じる損害に対して支払われる保険なのです。

そしてそれら損害に対して生命保険などのように一定額額の保険金が支払われる訳ではなく、損害の度合いに応じて保険金が支払われる実損払い方式になっていることが多いです。

損害保険が対応する対象は現代社会においては非常に多岐に渡り、この先もますます増えていくことでしょう。

ゴルフをやられる方などは聞いたことがあるかもしれませんがゴルファー保険などもこの損害保険の一種です。

このように損害保険は今後さらに現代に生きる人々にとって必要な保険としてのニーズが強くなっていくことは間違いありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ